シンプルに痩せる魔法の法則?

2021年11月27日

もしも食事を摂らずに生きていけるならば、究極のダイエット法といえるのではないでしょうか。不食者の第一人者であるオーストラリア人女性のジャスムヒーン先生に不食への道を教えていただきます。

もし現在、あなたが1日に3回食事をとっているならば2回に減らし、2回ならば1回に減らすという意味です。私たちが1日3回の食事を2回に減らすだけで、ただちに地球資源の消費を30%削減できることを意味します。消化に費やす時間が短くなりますので、私たちの身体の調子が良くなります。そしてもし私たちが健康的な食事を選択するならば、ゆっくりと解毒が始まり、体重が減少します。

同時に私は次のこともおすすめします。

今すぐに赤肉の消費を止め、これに違和感がなくなったら―通常3ヵ月から6ヵ月かかります―そのほかすべての動物の肉と魚介類の消費を止めることをおすすめします。あらゆる肉と魚介類無しの食事に慣れたら(すなわち顔のあるものは食べないということ)、次にチーズ、卵、バター、ハチミツなどのような動物由来のすべての食品の摂取をやめ、完全菜食になります。

完全菜食に慣れたら次に生の食べ物だけを摂り、次に果物だけにし、最終的には水やハーブティーなどのような軽い液体とプラーナだけを摂取します。この転換プロセスには、あなたの現在の食習慣にもよりますが、5年間かかります。ゆっくりとこのプロセスを進めるほうが、感情の調整や身体全体の解毒がより楽にできます。

神々の食べ物 ― 聖なる栄養とは何か