迷った時たった30円で自分を占う秘密

進学、就職、結婚など人生の岐路の悩みから、もっと小さなことまで迷うことってありますよね。誰かに相談したいけど、身近にいないとき、たった10円玉3枚あれば、自分で自分を占うことができる方法があるんです

実は、あの有名な心理学者のユング博士も、ある占いのことを知り「わたし自身もこの占いの方法が心理学的に見て重要であると思った」ので実験していたそうです。なんと、その結果、この占いから得た回答が驚くほど正確なもので、見事に的中していたといいます。そこで、ユング博士は、この占いについて「私が経験したこの占いの的中率は偶然性をはるかに超えている。この占いにおいて問題になるのは偶然性でなく、規則性であることを確信している」と述べたそうです。この占いを研究した潜在意識の研究者であるジョセフ・マーフィー先生にお話を伺います。

どんなコインでも構いませんから、3枚用意します。

①占いたいことを考えながら、用意したコインを手の中でよく振って、サイコロを振るような感じでこれを投げます。

②表が出たコインは2点、裏が出たコインは3点と数え、数字を記録します。(最小6点から最大9点まで。表と裏は自分で好きに決めてよい)

③同じことを6回繰り返します(6点から9点までの数字が、6個出ます)

④6個の数字を、1番はじめに出た数字を1番下に書き、順に上に積み上げていきます。

⑤そして、奇数は真っすぐな棒線、偶数は真ん中が途切れた棒線を書きます。

 例えば、9,7,7、6,8,8であれば

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 図1.png

⑥この記号が実は易の回答となります。全部で64種類あります。回答の意味について、易の解説をみます。

易の回答の見方にはたくさんの説があります。ご興味のある方は、まずは是非、マーフィー先生の著書を読んでみてください。私も20年以上、迷った時にこの占いをやっていますが、驚くほど当たることがあります。

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)