依存症からの回復は長い目でみたい

依存症からの回復は、慢性病と一緒で長い目でみることが必要です。長期的視野の大切さについて、NLPを取り入れたコーチングで有名なトニー(アンソニー)・ロビンス先生に伺います。

いざ決断して行動を起こしても、短期的には効果があがっていないように見えることがある。

しかし、成功するには、長期的視野が必要だ。

私生活で私たちを悩ませている問題の多くは、「目先のこと」しか考えないために起こっている。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎもそうだし、どう考えても無理だと言って、夢をあきらめるのもそうだ。

個人であれ組織であれ、目先のことに目を奪われていては、決して成功することはできない。

長期的な視野に立って結果を出すことこそ、人生の目的といってもいいだろう。

それができなければ、経済的にも、社会的にも大変な苦境に立たされるだろうし、個人的に完全に行き詰ってしまう場合もある。

アンソニー・ロビンズの運命を動かす (単行本)