今生で生まれ変わる方法

2021年11月28日

私はこれまでの50年間の人生の中で、ギャンブルやアルコールに溺れたり、たくさんの失敗を繰り返してきました。人が生きて、死んでいく意味とは、目的とはいったい何なのでしょう。私はこの後、人生を回復できるのでしょうか。どんな人生を送ればよいのでしょうか。インドの至宝とよばれる霊的指導者サティア・サイババ先生に伺います。

喜びと平安は、あなたの外側にある物に備わっているのではなく、あなた自身の中にあります。けれども、あなたは愚かなことに、あなた自身の外に、今日か明日にでも旅立つことになる世界の中に喜びと平安を探しています。それゆえ、今すぐに目を覚ましなさい。永遠なる真理を、あらゆるものの本質を知ろうと努めなさい。世俗的欲望を視野に入れている限りは、不幸から逃れることはできません。

それを知れば、すべての秘密が明らかになる秘密が一つあります。それを解けば、他のすべてが解決する問題が一つあります。それをほどけば、すべての結び目がほどける結び目が一つあります。それをマスターすれば、すべてをマスターする科学が一つあります。

その鍵となる科学とは、永遠の霊性教育 サナータナ ヴィッディヤーです。

商人は、週末と月末と年度末に借方と貸方を計算して、収益を示す数値を導き出すために貸借対照表を作成します。同様に、この人生というビジネスにおいては、与えることと受け取ることが完了した後に、若干の純益を残してすべてが終わります。命が尽きようとするときに思い出すことは、ほんのわずかです。その体験が最後の瞬間まで残るのです。これまでの人生で起こったことを思い出すとき、意識に浮かび上がることは二つか三つです。これらが本当に支えてくれた、真の意味で成し得たことです。

これは、他のすべての行為や経験が無駄であったことを意味しているのではありません。それらを忘れるということは、ただ、それらの仕事が成し遂げられ、その価値が実現されたことを意味します。

人生における生来の願望 サムスカーラの中には、残りの部分よりも強く、最期まで際立っているものがあります。人生とはそのようなものです。このことを学ぶ必要があります。人生の最期の瞬間に思い出すことは、それがどんなのものであったとしても、この人生と苦労すべての最終結果なのです。

それゆえ、人生の流れ全体を、最期の瞬間にあなたが持っていたいと思う心の傾向 サムスカーラの獲得に向かわせなさい。昼も夜もそのことに注意を向けなさい。死の瞬間に心を占める思いが、来世で大きな力を発揮するのです。今生という旅のためにも、人はこの真理に導かれなければなりません。来世の旅だけでなく、今生の旅でも、将来の願望は必要な力なのですから。

それゆえ明日から、避けることのできない死を、常に念頭に置きなさい。生には永遠に死がつきまといます。旅をするために同じ切符を購入して電車に乗れば、静かに座っていようが、横になっていようが、本を読んでいようが、瞑想していようが、有無を言わさず電車があなたを目的地まで連れて行きます。同様に、それぞれの生き物は、誕生した時点で死の切符を受け取り、旅をしているのです。ですから、あなたがどれほど悪戦苦闘しようが、予防手段を講じようが、用心しようが、いつかはその場所に到達しなければなりません。それ以外のことは不確定かもしれませんが、死は確実に訪れます。その法則を変えることは不可能です。

心は善良な心的傾向 サムスカーラへ方向付けられなければなりません。誰もが自分自身を厳密に調べ、欠点を見つけ、それらを正すために努力しなければなりません。人々が己の欠点を発見し、自覚するのは、生まれ変わるようなものです。それから人は、心機一転して、新たな子供時代からやり直すのです。これが真の目覚めの瞬間です。

愛の流れ ― プレーマ ヴァーヒニー (ヴァーヒニー シリーズ)